人生、楽しからずや!

京都の端っこに住んでる中の人

君の膵臓を食べたい

「君の膵臓を食べたい」

 

こう言われたら、どうするだろうか?

 

カニバリズムにでも目覚めたの?」

 

主人公の僕と同じく言うだろう。

 

なんて、タイトルなんだ。本屋さんで見たときは、衝撃を受けた。なんてタイトルをつけるんだ。忘れられなくなっちゃうじゃないか!

 

読みたい。そう思ったけれど、何かとても怖くて手に取れなかった。表紙は桜のピンク色が踊る表紙なのに。

住野よる、作者の名前も「あぁ、青春小説にありがちなこれ絶対ペンネームだろう」という響き。

 

こういう本は若い子に任せておこう。

そうしているうちに本は爆発的に売れ、「キミスイ」なんて流行語も生まれた。

興味あるくせにないふりなんてしながら2年たった。

 

人気は衰えることはなかった。本屋で見ないことはなかった。最近、また賑わってるなと思ったら、映画化。

 

とうとう、本も読まずに映画を観ることになった。

 

まぁ、青春小説の映画化。正直、そんなに期待をしていなかった。俳優も小栗旬か。冴えない役っぽいなというのが最初の感想だった。

高校教師か、なるほどね。

 

本当に斜に構えて観ていた。こんな図書館あったらいいなぁ。私立の高校なんだろうななんて眺めるように見ていた。

そうしたら、どんどん引き込まれていくではないか。高校時代の俳優の演技のうまいこと。そして、なんといっても桜良役の浜辺美波が可愛い。

 

もう、最後の方では泣かされっぱなし。完敗。白旗あげ。

 

「こんなにいいとは思わなかったわ」

 

それが感想。

 

娘には「泣くの早いわ」と言われてしまったのは涙もろくなったせいということで。

 

映画の舞台になっている時代2004年、セカチューが社会現象になった。

世界の中心で愛を叫ぶ』これに通じる青春映画。

この物語も2004年が舞台。通じるものがある。

 

映画の中に出てくるロケ地が福岡。博多とか太宰府天満宮。私の大好きな街。

http://meito.knt.co.jp/resources/inc/m08/kimisui/map.pdf

↑ロケ地マップ。これ持ってまたいってみようかなぁって。

 

もう一つのロケ地は滋賀県

豊郷小学校彦根市立西中学校のエンドロールでのクレジット。

kimisui.jp

 

原作も読んでみようと思う。

君の膵臓をたべたい (双葉文庫)

君の膵臓をたべたい (双葉文庫)

 

 

映画になると必ず、漫画もでる。