人生、楽しからずや!

京都の端っこに住んでる中の人

グリッド力が足りない

グリッドってなんぞや。それは「やり抜く力」のことを言います。

こんな本もありましたね。

 

やり抜く力 GRIT(グリット)――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける

やり抜く力 GRIT(グリット)――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける

 

 この著者、小さい頃から「お前は天才じゃないんだぞ」と言われ続けて育ちます。その子がなぜ「天才賞」を受賞することになったのか?その受賞の理由は「生まれ持った才能」よりも、「情熱」と「粘り強さ」によって決まる可能性が高い、ということを突き止めたことだったのだ。突き止めたということは科学的根拠を持って説明できるということだ。それは上記の著書に詳しい。

 

それを今日グリッド・スケールというもので私の「やり抜く力」を測ってみた。

結果・・・

「情熱」3

「粘り強さ」4

 

全然、足りない結果となった。それは、何事も大成しないと考え、がっかりしてしまった。

 

しかし、「情熱」って何だろう?

「一つのことにじっくりと長い間取り組む姿勢」のことというかもしれない。「夢中になる」「熱中する」ということは簡単でもそれを持続することは難しいということを表しているのだ。

 

著者は、「哲学」がなければ失敗するとも言っている。

確かにそうだ。確固たるものがなければ、スモールステップをクリアしていくことは無理だろう。そんなもんだ。

 

前置きがながすぎや。すまぬ。

 

それで猛烈に反省する。

 

ハードルをあまりあげずにブログ更新していこうと思う。

 

面白そうなことに頭ツッコミつつ、フットワーク軽くね。

 

仕事もシフトチェンジしようと考えているので、その話はぼちぼち。