人生、楽しからずや!

京都の端っこに住んでる中の人

介護って意外とみんな知らない(2)

 f:id:tanoshiikoto12:20170928191002j:image

tanoshiikoto12.hatenablog.com

 

介護施設って沢山あるけど、よくわからない。

そう言われることが多い。

簡単に。そう、簡単に説明します。

 

特養とは特別養護老人ホーム介護老人福祉施設)のことです。()内は介護保険内で説明されたりするときに使われる名称です。こういうのがややこしいねん。

はい、そう思います。私も最初思いました。なんで呼び方違うねん。

 

どういうところか、それは終の住処と思ってください。なので、入るときは元気でも出るときは入院もしくは亡くなられた時が多いです。入所の契約のときに元気でも死ぬときは病院にしますか?それともこちらにしますか?と聞かれることが多いと思います。たとえ、すぐに死ぬような疾患を抱えた方でなくてもです。今は、要介護3以上からしか入れなくなっていますから、一人で生活するには困難な人が入所されることが多いですけど。

 

もし、この施設で死にたいですと選べば、看取りということになって延命措置などせず、見守られながら死ぬことができます。なので、何十年と入所されている方もおられます。

 

施設としては、大きい施設と思ってください。でもユニットケアが多いので基本個室です。そこは、一部屋あてがわれるので、その人の家みたいなものです。最近は、個室が寂しいから多床室がいいと選ばれる方もいらっしゃいます。

 

施設はいろんなところをみた方がいいです。入りにくいとは言いますが、困り具合で優先順位は変わるので一概には言えません。